父もお世話になった歴史のある奥井建設

父もお世話になった歴史のある奥井建設

埼玉県にある妻の実家で婿養子として暮らすようになり、15年が過ぎました。

婿養子と言っても、妻の実家の隣に別邸を建ててもらい、そこで暮らしているので、それ程息が詰まる思いをする事もなく、伸び伸び楽しく暮らせています。

さらに2ヶ月に1回程度東京に住む私の実家から両親を呼んで、孫の顔を見てもらいながら食事会を開くようにしています。

妻の両親に建ててもらった自宅も最近は少し傷みが目立つようになり、今度リフォームの計画を検討しています。

義父が東京にある奥井建設さんを紹介してくれたのでそこにお世話になり、リフォームの相談をする事にしました。

奥井建設の情報

そんな時に偶然私の父が遊びに来ていて、リビングにあったリフォームの見積書を見て驚いていました。

と言うのも、私の父も自宅のリフォームに奥井建設を利用した事があるからです。

今から7年前に、父の自宅は傷みが目立ちはじめ、同居中の私の兄夫婦と相談してリフォーム工事をしたと聞いていましたが、その工事を担当した会社が奥井建設だったのです。

世間は思っている以上に狭いものだと感じました。

残念ながら、担当される方まで一緒という訳ではありませんが、7年前に父の自宅を担当していただいた方も健在で、頑張っていると聞き、父はホッとしたような顔をしていました。

公共事業にも奥井建設はたくさんの実績を持っていました

足立区に住む私は、地震の対策としていくつかの建設会社を比較して、その中から同じ足立区にある奥井建設を選びました。

奥井建設を選んだ理由として、公共事業での実績がたくさんある事が挙げられます。

公共事業の大半は都内での対応で、都営住宅や小学校の外壁の改修工事、文化センターや都内にある大学の改修工事などがその代表です。

奥井建設での実績

その他地震に対する耐震補強工事として、足立区の中学校の体育館や江東区のスポーツ会館の工事などがあります。

まだまだ都内での実績はありますが、地元に密着した企業という事で信頼感を強く感じました。

さらに奥井建設には制震装置の取りつけと言う地震に対する専門部署があり制震に対する特化したサービスは評価できると思います。

そして一番気にいっているのは、私に住む足立区に本社がある事です。

何よりも近くに対応してくれる会社がある事で、これからも困った時にはすぐに相談の乗っていただけるという事が嬉しいです。

奥井建設の採用情報

近い内に奥井建設の担当者が今回の地震対策としての工事の見積書を持ってきてくれるのですが、極端に予算がオーバーしなければ、工事の依頼をしたいと考えています。

もちろん予算よりも安ければもっと嬉しいのですがいかがでしょう。